去年の夏ごろの話ですが、当時乗っていた日産エクストレイルの買

愛車を査定に出したら、契約した後に減額されたり、もしく

愛車を査定に出したら、契約した後に減額されたり、もしくは引き取られた後に減額されていたという噂をたまに聞いたりします。車の引き取り後に減額をするのは、おかしな話です。

取引をしている時、売買契約書にサインする前に、取引後に減額される可能性を指摘されていたか、また、いかなる理由で減額をしたのかなどによって相手に求められる対応は変わることになります。しかし、どうしても納得できなくて許せない、という場合などは車の買取をキャンセルし、取引を中断するのも良いです。

これから車を中古車として売るならやるべきことというと、突き詰めるとたった2種類しかありません。

最初にしておきたいのは車の一括査定サイトなどを使った相場チェックです。

査定額が安いか高いか判断する基準がなければ、低い価格を提示されて損をする可能性もありえるからです。

そして二つ目として、車の大掃除をしておきましょう。

といってもボディはそこそこで構いません。

重点ポイントは車内です。少しでも車内に匂いがあると、マイナス査定の原因になります。近年、車を買取に出す際に、多く利用されるのがWEB査定です。

家から出たくない人でも、一括査定を利用すれば複数の業者の査定額を見て比較することが可能です。

ただ、WEB査定は単に目安を示すに過ぎないので、現物を見てもらった後でより低い額になってしまうのは覚悟しておきましょう。

それから、事前の査定では高い金額を見せて惹きつけておき、現実の査定では安値を付け、その額で売るまで帰らないという悪徳業者があるので注意が必要です。

ネット上の中古車一括査定サイトを使う際の注意点として、査定金額トップのところが絶対的に最良店舗だとは言いきれないということがあるのです。

多くの中古車買取業者の査定を見比べたときに、査定金額の平均よりも一段飛び抜けた高値を表示してくる店舗がある場合には「なにか変だな」と感じた方が良いでしょう。

そこで取り引きを実行すると決まったときには、契約が終了した後になって何だかんだと言われて前もって提示された査定金額よりもグッと低い買取額になる場合もあるのです。手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は人によって好みが分かれてしまうので、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場によりけりなので、流行次第である特定の車体色が査定で高値が付くことも充分考えられるのです。インターネットを介して何時でも何処でも楽に中古車の価値を見積もり可能なのが複数ある中古車一括査定サイトの利点です。

自分の連絡先や車の情報などを入力することですぐに査定価格が複数の業者から寄せられて、売却予定車の今の価格相場が分かるのです。自分の名前などを記載したくない場合には、特に名前を書く必要のないサイトを使うと便利ですね。過去に修復したことがある場合などは車の査定において大事なチェックポイントです。

骨格の修理や交換をしたことがある車は、とても低い評価になります。たとえそれがわかっているにしても、隠せるものではないので、嘘はつかないようにしてください。

隠そうとすると印象を良くした方が良いですから、全てを伝えましょう。

過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

この修理歴車は査定時に大きく減額されてしまう元凶となります。

そうは言っても、過去に修理したことがある車がすべて同様に修理歴車として見積もりされることにはなりません。車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。

しかし、修理歴車という扱いは受けずとも、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。沢山の会社に車の一括査定を依頼できるサイトがインターネット上には多くあります。

そして、個人名を書かなくても見積もりを出してくれるサイトも存在していると言います。見積もりの金額を教えて貰うために結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、現在の参考相場が分かる場合があります。この参考値は大変大雑把な価格ですから、さほど意味がないかもしれません。

車買取してもらう場合に査定の金額を上げようと車検が切れている、車をわざわざ車検に通す方も多いです。業者では自社工場にて車検を通しているところが多いため、多少、上がった査定金額より良かれと思って、自分で通した車検代の方が高いのです。

車検が近くなった場合でも、そのまま、とりあえず査定を受けた方が得なのです。

About the author