トヨタのヴィッツには魅力のある特徴が多々ありま

新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか買取にだすか迷いま

新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか買取にだすか迷いますね。下取りはすべておまかせですが、買取は査定に来てもらう手間があります。

ディーラーとの付き合いもあるかもしれませんが、年式なりの状態の良し悪しで、下取りより買取のほうが妥当なケースも多いと思います。

僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。

すると下取りのほうがかなり安いことに気づきました。

買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。

現金を持ってディーラーに行き、ひとつ上のグレードの車を買えたのは嬉しかったです。

さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。

持っている車の売り方について思いをかたちにしてみました。

車内をクリーンな空間にしたり洗車をして見栄えをよくしておくことが大事です。

走行距離が多いと売却時の買取金額が低くなってしまうので、売却したいと思ったら早めに売ることを考えたほうがいいと思います。軽自動車税が高くなってしまったこの頃、中古車も高い人気があります。

ついでに言うと中古車価格の値段交渉ってできるの?って思っちゃう人もいるかもしれませんが相場について事前に知っておくと値段交渉に応じてくれる場合があります。

車が好きで詳しい人に同伴して見てもらうと安く買える場合もありますよ。車種またはタイミングで変わると思いますが外車では、買取業者に買い取ってもらおうとすると査定額に納得できないということが起こることがしばしば起こります。

外車を買取に出すときには、外車を専門に買い取っているような会社、あるいは買取業者の中でも、外車の買取に力を入れているところへ査定を頼むようにするのがよいでしょう。

それに加えて、大事なのは、買取業者数社に査定してもらうことです。

原則的に、車査定において必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、小型車、それから大型車に分かれているのです。実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと授与されないので、この民間資格を所持しているならば、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということの証明になると言って良いでしょう。

全く動かなくなった自動車のことを「不動車」と呼びますが、この場合も売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。

不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。

部品単位でみれば故障してないものもあるでしょうし、まだ動くパーツに価値を見いだしてくれて査定して買取を行ってくれるところはあります。

しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、まずはきちんと不動車を扱っているかどうか聞いてから実際に査定してもらって引き取ってもらうとスムーズに行くでしょう。

車を売却する時には、高値で売ることができる時期やタイミングを逃さないように十分に気を付けることが大切です。例えば、3月の決算期や9月の中間決算のあたりは車を高く売却できます。

そのほかに、冬季の前には、4WDなどのアウトドア車がよく売れるかと思います。

こういったタイミングで、車を高価格で売るには、時期を見定めるのも必要となるのです。もしも、車の査定金額が下がる可能性があるとすれば、1年間の走行距離が平均1万キロ以上である、その車体のカラーが流行っていない、車体の外観が綺麗な状態でない、破損しているパーツがある、車中でのタバコ等があります。

特に、故障等での修理がなされているかどうかは査定金額への関連が大きいと言えます。

車体を修理されていると車体の下取り価格は非常に下がってしまいます。

ここ何年かでは、出張で査定をする楽天車査定業者がほぼ全てといっていいぐらいです。

指定した時に自宅へ査定する業者のスタッフが来て、車の状態を見て査定を行うものです。

その見積り額に納得できたら、車を売買する契約を結んで、車は業者へ引き取られていき、数日後に口座へ契約した金額が振り込まれます。車の買取で決して高く評価されないのは、改造車でしょう。

いわゆる大手の買取店の場合、メーカーやディーラーの正規のオプションなら高く評価される場合が多いです。サンルーフや純正のカーナビ(マルチ)、革シートといった要素は査定で高く評価されますが、一方、車高の調整や社外エアロ、社外アルミについてはそれほど評価されません。

買取に出す車がスポーツカーであれば、専門店の方が良いと断言できます。

About the author