事故を起こした車のケースでは、修理料金をはずんでも、事故をする

買取業者で車を処分するときに、名義人本人ではないけれど

買取業者で車を処分するときに、名義人本人ではないけれど大丈夫なのかという問合せは意外と多いです。

名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、名義人の方の印鑑証明書と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、名義人以外の方でも売却できます。譲渡証明書や売却証明書は業者がテンプレを持っていますが、ダウンロードもできます。

ときどきあることですが、名義が信販会社になっている車は勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。

借入金を完済して名義変更してからなら売却可能です。買取市場で高い価値が見込まれる車といえばまずは軽自動車が挙げられます。「足代わりに安い車が欲しいというお客さんから一定の需要がある」「代車としての用途もあるので利便性が高い」などと中古車買取業者の人はコメントしています。近年では車体が普通車並に大きい軽自動車も流行っており、家族で乗るために買うという人もいるようです。

軽自動車は燃料費や税金の負担が軽く、仕入れる先から売れていくので、それだけ買取査定でも有利になるのでしょう。

より高い買取価格をつけてもらうためには、最も高い評価をつけてくれる業者を探しだすことです。

比較のためには、車査定一括サイトを利用すると便利です。それから、見積と現物査定が一致するようなできる手は打っていきましょう。

少なくとも車内清掃とニオイ取りは必要です。

買取額を上げるのは難しいですが、だめもとで取りかかるのもやってみる価値ありです。もしも、車の査定金額が下がる可能性があるとすれば、走行距離が平均して1年で1万キロを超えている、車体のカラーの需要がない、車体の外観が綺麗な状態でない、付属品の破損がある、車内での喫煙等が挙げられます。

特に、故障等での修理がなされているかどうかは査定価格低下につながります。修理個所があれば車体の下取り価格は非常に下がってしまいます。いくら売却したいと思っていても、査定のために買取業者の店舗に現物を直接持ち込むのは良い方法とは言えません。同業他社の査定額を比較することもなしに来店すれば、もし損をしていたとしても気づかずに売ってしまうことだってあるでしょう。もっとも、良いところもないわけではありません。

それは、スピードです。

査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。車の買取業者から代金が振り込まれるのは、売却の契約を締結してから一週間ほどあとになります。

もし査定金額に満足してその場で契約を決めた場合でも、必要な書類が足りなければ本契約したことにはなりません。

印鑑証明などは役所に行かなければ取れませんし、早く入金してほしければ、売る決意が固まった段階で、査定を依頼する以前に書類を整えておく必要があります。

軽自動車と普通自動車では提出書類が異なるので間違えないようにしましょう。

転居で住所が変更になった人は要注意です。

業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで買取対象となる車の査定をしています。

項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点とひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。採点されるポイントは、車体のヘコミ、キズ、過去の事故歴と修復歴、車の走行キロ数といったところです。これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、補修跡や事故歴などが目立たないように取り繕っても、バレずに済むはずがありません。

売買予定の車の見積額が下がってしまう主となる要因には何点かあるのですが、一番確実に査定金額が低下する原因になるのは、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

車によっては査定金額が0円まで下がってしまう時もあるのです。

でも、故障および事故で修理したことがあると必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。一般的に年度末で決算でもある3月や真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

中古車販売業者の多くはこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額査定も期待できます。

また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額がどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。車を売る時には、色々な書類が必要なのです。

車検証に発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などがメインで、他にも、実印なども準備しておくことが必要です。

また、業者で用意する書類として、譲渡証明書、委任状などもあります。

About the author