去年の夏ごろの話ですが、当時乗っていた日産エクストレイルの買

業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょ

業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。次のような流れになりますので参考にしてください。

売却の第一歩は査定です。まず査定サイトで車のデータを登録し、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、買取業者による現物査定が行われ、最終的な買取額が算定されます。

思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、移転登録等の手続きが終わってから指定した口座に売却代金が振り込まれます。

延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、いわゆる過走行車という扱いになり、査定サイトなどを使って売ろうとしてもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。

こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている業者に相談するという手があります。

でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

それならディーラーもそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。中古車を買い取る業者から出来るだけ高額な査定を得るためにはそれなりの努力が必要です。

それは意思表示です。つまり、金額の折り合いがつけばすぐにでも契約するアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

買取対象車を引き取る日時を決めてしまえば営業マンも中古車として販売する前の下準備の段取りがほぼ本決まりとなるため、提示価格への上乗せを求めても円滑に進められます。

車を維持するために必要なお金がどれぐらいあればいいのかを考えてみました。中古車を選ぶ時に一番先に考えるべきことは走行距離を調べることです。

走行した距離が長いと車の疲れ具合が進んでいるので維持するための費用が高くなってしまうこともあります。

修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、一口に全損といっても2種類に大別できます。

修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。一般に自動車保険の支払金額というものは、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。

日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は相場の現況を知るようにしています。実際の価格と違うように感じたら、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。自分の所有する自動車を売却しようと考えているときには、ぜひ丁寧に掃除してから査定に出すようにして下さい。

この訳は2つです。

一個目は、査定士に「このオーナーは車を丁寧に扱う人だ」と好印象を持ってもらえるからです。

2番目の理由は、自動車の中にこもった臭いを軽減することが可能だからです。

ペット臭や煙草の臭いがする車は、その具合によっても異なりますが、大きく減額されると思ってよいでしょう。

臭いの元は車内に残っている汚れですから、車内の細かな箇所まで丁寧に掃除してあげることでなるべく臭いのない車にすることが可能なのです。

車の査定は自家用車を置いている場所まで来てくれる出張査定でも、基本的にはどの業者でも無料でやてくれますが、稀に有料の場合があります。

その場合、査定料としてではなく、出張にかかった費用として請求される可能性があります。料金を請求するところが悪い買取業者という訳ではありませんが、無駄なお金を払わないためにも、出来るだけ無料のところを利用してください。

先日、査定表を確認して気分が下がりました。

私の車はこれだけの価値しかないんだと感じました。

一般人とは違い、あちこち点検が追加されていました。落ち込んでしまったので、他の買取業者にも査定をしてもらったのですが、あまり変わらない内容でした。

既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。これはどのような時かというと、通常の普通自動車を買取に出したりしないで廃車にしたときだけです。

普通自動車ではなく軽自動車の場合には、税金の還付はありません。

でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、残りの税金分を中古車買取店が査定額に上乗せしてくれることもあるのです。税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。

特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。軽自動車の車買取で高値で車を売却するには、ネットの一括車査定サイトで多くの車買取業者の査定を受けてみるのが、勧められます。軽自動車は燃費が良くて税金等維持費が安く、メンテナンスコストも安直ですから、経済性がぴか一です。そのため、市場でももてはやされ、価格が下落しにくく高価下取りしてもらえるのです。

About the author