大方の業者には当てはまらないことですが、ごくごく一部には、

愛車の査定を依頼した場合、代金はかかるの

愛車の査定を依頼した場合、代金はかかるのでしょうか?結論から言うと、費用はゼロです。

基本的に、車査定でお金のいる業者はありえないと考えてよいでしょう。ことに、大手の業者で費用が掛かってしまうところはありません。

ただ、業者によっては、査定料の請求をしてくる場合もあるので、お気をつけください。車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年におおよそ1万kmが標準といわれています。

そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といって金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障していることが多く、敬遠されることがあります。車の査定を受ける際の手順としては、最初にネット等で一括査定を申し込みます。中古車の買取業者からこちらの情報を基にした査定額が表示されるので、数ある中から査定の額が高い業者や、信頼のできそうな業者をその中から見つけ、実物をみてもらい、査定してもらいます。査定の結果が満足できるものだった場合、契約し、車を売却します。お金は後日振り込みとなることが多いでしょう。

車の売却を考え、いくらで売れるのか査定を受けたい時、ネット上の一括査定サービスを使うのが良いでしょう。でもこれを使うと、業者から営業電話が入ってきますしメールでの案内も同様、ということはあらかじめわかっておきましょう。

対処法としては着信拒否機能を使えるように電話番号は携帯のものだけを書き込んでおき、メールアドレスはその時だけのいわゆる捨てアドレスを使用すると良いでしょう。

それからこれも大事なことですが、ネットの査定ではなく実際に業者に車を見てもらう査定もいくつかの業者を使うのが高い査定額に繋がります。動かない自動車であっても、査定業者次第では、買い取ってもらえます。

不動車でも買取をしてもらえるところに査定をお願いしてみましょう。

動かない車には価値がないと思いがちですが、修理をすることで動くこともありますし、パーツや鉄としての価値も認められます。

廃車にすると費用がかかるため、売却することをオススメします。業者から高額査定を引き出すコツとしては、見積もりをとる業者はかならず複数であることが必須事項です。

ただ、せっかくの休日に時間と手間をかけてまで何件もの業者を回れるかというと、不可能ではないものの疲れてしまうでしょう。そんなときに中古車一括査定サイトが役立ってくれるのです。

買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、時間も短くて済みますし、何度も同じ作業を繰り返すストレスもありません。

唯一の欠点は複数の会社から電話が来ることです。チェックを入れた会社から我先にと営業電話がかかってくるため、それはそれで面倒です。

どんなに努力したところで、査定の専門家から見れば査定対象となる車の修理歴や事故歴はわかってしまいます。

隠蔽行為は業者を騙すのと同じことで、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。修復歴をあえて隠すというのは法律的には告知義務違反となり、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

実際、契約書の中にもこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。中古車の買取業者が見積もりの際にチェックする項目と言えば、大別すると車種や車体の色などの基本性能、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

夕方以降や雨天など暗い時を狙って車の査定に来てもらった方が高額査定が期待できるという説があります。光源が少なくはっきり車を見ることができないので、担当者が見誤る可能性が高いからです。

けれども実際にはそんなことより、来てくれるならいつでもという構えで数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が良いに決まっています。

来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、結果的に査定金額も高くつけざるを得ません。車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、査定額が付かないと言われることがあります。例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

何社か買い取りを依頼しても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へお願いする事が可能ですので、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

About the author