軽自動車税が高い最近では、中古車は結構人気です。

買取に出そうと考えている所有車にこのような値段では売るの

買取に出そうと考えている所有車にこのような値段では売るのは嫌だと思うような金額を業者側から提示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。中古車の査定をしたからといって、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。一番はじめの査定金額では嫌だと言うとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。気に入らなければ正直に嫌だと言っても誰にも迷惑はかからないのです。

車を売りに出そうと思ったので、ネットの簡単査定を利用してみました。私の愛車は赤のアウディで、5年ほど乗っただけの車だったので、結構な高値で売れることも期待していたのですが、思ったよりずっと低い額を提示されて驚きました。査定を出してくれた業者の方に来てもらって説明してもらいましたが、「アウディは軽自動車より低い査定額しかつかない」と言われて衝撃を受けました。

中古車を売ろうと考えるときに車の買取査定を出来るだけ高くする秘訣があります。

まず車を売ろうと思ったら、できるだけ早く車査定を受けることです。

車は新品であるほど高く売ることができます。

そしてまた、査定をお願いする前に車をキレイに洗っておきましょう。車外のほかにも、車内も念入りに掃除して、臭いを取るのも重要な秘訣なのです。中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。車検が残り1年以下の場合には幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、車検を実施して直ぐに売却をしても通した車検費用より多くの金額が見積金額に足されて得することは無いのですから、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

一般的な普通自動車の売却に際しては車検証以外に実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書を用意しなくてはなりません。

万が一納税証明書を紛失してしまった時には、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをするところが違ってきます。

普通自動車のケースでは県などの税事務所で、軽自動車の場合には役所の窓口に行って再発行を依頼するようにしましょう。自動車の査定をするときには、手間をかけてもスタッドレスタイヤをつけたままにするのではなく、標準のタイヤにしておきましょう。

スタッドレスタイヤはマイナスの査定となってしまうものです。使用状態が良い場合はスタッドレスタイヤも車とまとめて買取を行ってもらえる場合も出てきますが、走り過ぎて溝がすり減っていると、処分にお金がかかってしまうかもしれません。

ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのが中古車を売買する営業マンや査定士の仕事ですね。中古車販売の営業さんの話をまるっきり信用してしまうのも考え物で、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

自分の車の現時点での相応しい査定金額が大体このぐらいの金額になると確認しておき、相場価格よりも安く提案された際に値段の駆け引きをする準備をしておくと営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。車を売却する際には、高く売れる時期やタイミングを逃さずに十分に気を付けることが重要です。特に3月の決算期や9月の中間決算の時期は車を高く売ることが可能です。

ほかに、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車が売れやすいと考えられます。

こんな感じで、車を高価格で売るには、時期を見定める必要もあるのです。中古車買取業者が査定にあたって重視する点は、走行距離、年式、排気量、次の車検までの期間が該当します。他には、傷が無いのか、車内は綺麗か、というような事を重視するようです。意外と盲点なのが、時期や季節です。新車種の発売前やモデルチェンジ前などには査定額が上がるという話があります。

高く売りたいと考えている方は、こうした市場のタイミングを見計らい、複数の業者から査定を受けて、買取額をそれぞれ比較すること、査定前に洗車や掃除をきちんと行い、綺麗な状態にしておくのが良いでしょう。

これらが満足度の高い売却への近道ですね。車を少しでも高く売るためにも、限定車や人気車種などの有利な条件がある場合には遠慮などは一切せずに交渉カードとして使いたいものです。あまりにもしつこくしてしまうと、逆効果になってしまってはいけませんので限度をわきまえることも必要です。他の方法としては、決算時期を狙ったり、一括査定サイトの利用という方法を使うと良い査定額が出る可能性もあります。

About the author